「狩猟」カテゴリーアーカイブ

熊の大和煮

シカの肉を調理しようと思い冷凍されていた肉を解凍したら熊肉。
どう煮ようか考えてたどり着いた結果「大和煮」味はまあまあgood
まだ改善するところがありますが・・・・

クレー射撃

猟期が終わり猟友会では恒例の射撃大会が行われました。

大会であるから順位が決まります。上位の方は県大会に出場するようです。

私は安全に楽しく大会に参加しました。

腕はさておき銃を構えた時に何かいつもとは感じが違います。

銃口付近の狙いを定めるときに使う「照星」というものが取れてしまっていました。

猟銃01

致命的な故障ではありませんが修理しなければ・・・・・。

今年の猟期が終了したのでベストを洗濯。

バッジを取り外しました。名札はまた来年使います

名札

 

鹿捕獲

鹿を獲りました

2頭いたのですが1頭逃げました。2頭とれたら運ぶの大変だったと思いますが

今日はN沢に行こうと思い出かけたのですが、途中で先輩猟師が山から下りてくるところでした。

既に入った所に行っても出会いはないと判断し、別のところに入りました。

昨年たくさんの足跡があったけど姿を見ることがなかった場所です。

「まぁ出会いがなくても山を覚えるだけでもいいや」という感じで歩きました。

木々の間から黒い何かの気配がありました。忍び足で数歩進むと見つけました!

天然記念物「カモシカ」あぁぁぁぁぁl

とりあえず画像をパチリ

鹿の道
小さくて
分からないかな?

しばらく歩くと鹿の通い道が、足跡をつけます

鹿の道

1時間くらい歩いて足跡の主を発見!

2頭群れ、今年は見つけてから慌てて狙って逃げられること数回

今度こそ仕留める!!

おかげさまで仕留めました(画像は自粛)

通常1発で仕留めるのでしょうが、わたくし何発も消費してしまいました。

結果はオーライ

心臓美味しく頂きました

明日も狩ります!!

狩猟の種類

一人で行う猟を「単独猟」と言います。一人で獣のいそうな場所を歩いたり足

跡を辿ったり・・・獲物を見つけて捕獲するのも一人で行います。

大体のことを一人で行いますので獲物を捕獲するのは結構難しいです。
数人で行う猟を「共同猟」といいます。数人で役割を分けて行う猟は効率よく

獲物を捕獲することができます。

勢子と呼ばれる人が獲物を射撃手のところへ追い立てます。

(※タツメ)と呼ばれる射撃手が勢子に追われてきた獲物を撃ち取ります。

※タツマと呼ぶ所もあるようですが、こちらはタツメと呼びます。

単独猟をしている人も共同猟を行いますし、共同猟をしている人も単独猟を

行います。

ただ私な場合は単独猟の割合が多いです。

今日も一人で山を歩いてきました。

獲物が取れるに越したことはありませんが、山に入るたびに色々勉強にな

ります。

捕れても捕れなくても楽しいです。(負け惜しみにしか聞こえない?)

獲物が・・・・

今日も鉄砲背負って歩いてきました

一通り回って車のところについて家に帰ってくる道すがら

前の方約200メートルで黒っぽい物が動いてました

車なのでスピードを上げたいのを抑えて近づいていきますと・・・・・・

獲物でした!

急いで車から降りて追っかけましたが川の方に飛んでってしまいました

明日も追いかけてみます

古いショットガン

大先輩から譲っていてだいた散弾銃を分解整備しようとWebで分解法を検索してら、

中古銃で同じモデルが販売されていた。

価格がなんと2万円でお釣りがくる値段!!

その昔は銃も結構高かった気がします・・・・・。

その銃の需要がないのか分かりませんが、決して悪い銃ではないと思います。

私が銃の所持許可書をとって初めて買った銃は中古でも15万円位したのに。