ロッキーカップと固形燃料で炊飯

以前から野外での炊事などの動画を見ることが多く、自分でもいつかはして見たいと思っていました。しかし中々時間が作れないでいました。 ここで使う「ロッキーカップ」は現在も販売している「ロッキーカップ」の復刻版?のようです。

今日は私一人が家にいて、することもないので、野外ではないですが炊事をして見ました。

ロッキーカップで炊飯状況1
ロッキーカップで炊飯状況1

 

器はチタン製のロッキーカップ(シェラカップより大きい)。米の量は大体1CUP。この他にも器は、ハンゴウ、メスティンとかありますが、今回はこいつでの炊飯に挑戦。

普通はガスボンベとかホワイトガソリンとかを燃やすコンロが良いのでしょうが、簡単お手軽はいつも使っている固形燃料だろうと思い実験します。固形燃料は25グラム

ロッキーカップで炊飯2
ロッキーカップで炊飯2

ゴトクはアルコールストーブのゴトクを流用してみます。ロッキーカップがギリギリ乗ります。屋外では金網などを敷いたほうが良いかも。

火をつけてしばらく待ちます。ちょっと目を放した隙に吹きこぼれていました。色々炊く方法があるようですが、沸騰したのでふたを取ってかき混ぜてみます。これで焦げ付きが多少軽減されたかも。

ロッキーカップで炊飯3
ロッキーカップで炊飯3

お米の水分がなくなりそうになってきてので蓋をしました。で、しばらく炊いて焦げるにおいがしたので蒸らします。

蒸らす時間が足らなかったのか、少し硬い・・・・

でも今回は及第かな?

暇があったら待たして見ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加