タグ別アーカイブ: 狩猟の方法

狩猟の種類

一人で行う猟を「単独猟」と言います。一人で獣のいそうな場所を歩いたり足

跡を辿ったり・・・獲物を見つけて捕獲するのも一人で行います。

大体のことを一人で行いますので獲物を捕獲するのは結構難しいです。
数人で行う猟を「共同猟」といいます。数人で役割を分けて行う猟は効率よく

獲物を捕獲することができます。

勢子と呼ばれる人が獲物を射撃手のところへ追い立てます。

(※タツメ)と呼ばれる射撃手が勢子に追われてきた獲物を撃ち取ります。

※タツマと呼ぶ所もあるようですが、こちらはタツメと呼びます。

単独猟をしている人も共同猟を行いますし、共同猟をしている人も単独猟を

行います。

ただ私な場合は単独猟の割合が多いです。

今日も一人で山を歩いてきました。

獲物が取れるに越したことはありませんが、山に入るたびに色々勉強にな

ります。

捕れても捕れなくても楽しいです。(負け惜しみにしか聞こえない?)